予備試験論文Fランクからリベンジするブログ

2020年受験使用教材【予備試験】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

使用教材について、

2020年の予備試験に向けて

短答式に敗北してからいろいろと試行錯誤してみたが、

やはり、まだ今までやってきた教材が完璧でない以上、増やすこともないと思ったので以下のチョイスにしました。

【2020年予備試験の目標】

短答式試験に合格

これが最大の目標です。

短答に2回もあと10点というところで不合格になっているので、

まず短答をというところに力点を置きました。

短答に不合格になると勉強のモチベーションにも影響してくるので、

【短答対策の使用教材】

①早稲田セミナー短答式過去問集 全科目

②辰巳法律研究所 肢別本 全科目

③資格スクエアの短答アプリ

④一般教養過去問(TACでダウンロードしたもの)

昨年も使っていた上記教材を完璧にする。

①の過去問については途中で挫折している。こちらもしっかり完璧にしたい。

②の肢別本については、電車通勤用で、サクサク解く用です。11月中旬には新年度版が届くらしい!?ので

今年の受験までに司法試験・予備試験の過去問の肢について3周くらい解いて最終的に8割くらいの正答率までいったが、9割以上の正答率を目指したい。

【論文対策の使用教材】

①4A論文解法パターンテキスト 全科目(民法は4S論文解法パターンテキスト)

②予備試験4A論文過去問分析講義 全科目

③新問題研究要件事実

④一般教養のTAC講座

アガルートの重要問題習得講座をやることも検討した、というか刑法は一周して、やはりいい問題集だとは思ったが、

全科目やるとなると、今の自分の可処分時間では難しそうです。

くり返しができそうにないので、保留に!

とりあえず①、②が完璧になるようにこなそうと思います。

【情報の一元化】

①4A条解テキスト 全科目(民法は4S条解テキスト)

こちらも論点単位のテキストだと条文軽視になってくるので、条文単位のテキストで、なるべく条文に触れる機会を増やすために採用です。

【まとめ】

全体的に昨年やってきたことを完璧にする方向で教材選択。

思ったよりも時間はないので、教材を絞る。

これでやってダメならまた考えます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 使者の冒険の書~予備試験編~ , 2019 All Rights Reserved.